色彩を活用し、自分自身で健康管理できる時代へ

「一般社団法人 色彩セルフケア協会」(CSCA)では、健康的なこころとからだ、そして彩り豊かで潤いのある毎日を送るためのアイデアや知恵の分かち合いを発信し、その専門家を育成していく協会です。

「色彩」が私たちのバランスのバロメーター

「五感」の調和が心と身体の健康

五感とは「視覚」「味覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」の5つの感覚のことです。
この感覚は私たちの心とも密接な繋がりがあります。
その五感のうち、「視覚」が占める割合は約8割強。
中でも、もっとも影響を受けやすいのが「色彩」です。
この感覚を工夫して便利に使うことは、人間にとってとても手っ取り早いのです。

髪をすべて失った経験が
セルフケアを学ぶきっかけにつながりました。

色彩セルフケア協会代表 重本 史子

2010年、私は髪をすべて失う経験をし、藁にもすがる思いで様々なことを試しました。そのときに知った自宅で簡単に行える自然療法でのセルフケアで病院の薬を使わず髪を取り戻すことができたのです。それ以来、色彩でのケアに加え、他のセルフケア知識をひたすら学びました。それがきっかけとなり「多くの人にこのことを伝えたい」という想いからこの協会を設立。同じような志を持つ仲間と共に活動の輪を広げていきたいと思っております。

「伝統医学」を重視する色彩セルフケア協会で
色彩と健康について学んでみませんか?

医学博士 鞍手クリニック院長 熊井 三治

去る2018年に世界保健機関(WHO)が約30年ぶりに国際疾病分類の改定を発表し、そこに東洋医学などの伝統医学が入ってきました。
これは画期的なことであり、様々な伝統医学が今後発展してくる可能性が大変高くなったということです。
東洋医学の陰陽五行やアーユルベーダに出てくるオーラやチャクラ理論などの伝統医学では、色彩が大変重視されています。色彩によるヒーリングや疾病予防は、西洋医学と異なり馴染みやすいものです。
また、西洋医学は統計理論で普遍的なものですが、自然療法を中心とした伝統医学では個人個人が重視されます。セルフケアを目指すCSCAで、皆様もぜひ色彩と健康について学ばれてください。

よくある質問

Q
どのような情報や知識をどこで学べますか?
A

当協会サイトにてセミナーや講座情報のほか、知ってお得なセルフケア情報などを掲載していきます。講座開催地区や全国全世界の講師やカウンセラーなどの情報も掲載していきますので、ご参照ください。

Q
認定資格などが取得できるのですか?
A

現在、当協会認定資格としてはソウルカラー®カウンセラーの認定資格取得が可能です。2020年7月以降はソウルカラー®認定講師の他、色彩と自然の恵みを用いた様々なセルフケアやヘルスケアアドバイザーなどの認定資格を取得可能になります。

Q
病気が治るんですか?
A

病気にならない生き方や予防医学のために自分自身でできるセルフケア知識や情報発信が目的です。病気の治療または医療アドバイスを提供していくものではございません。また、当協会では医師からの予防医学アドバイス情報は提供いたしますが、根本的な身体のしくみを知り、根治療法的な健康づくりの捉え方を推奨する情報内容としています。病気の治療に関しては医療専門家にご相談ください。

協会認定ソウルカラー®カウンセラーの声

ピアノ講師 / 中島 正子様

幼少期の生徒さんがピアノを一番早く覚え易いのはドレミを色で表し五感に色で反応して弾ける様になる「色おんぷ法」です。
現在、修得した色彩心理学やソウルカラー®︎で生徒さんの気質やその時々の気持ちを色で理解してレッスンをしカラフルにハッピーにレッスンをしております♪

アロマテラピスト / 西村 光香様

色で心のデトックスを行うことのできるソウルカラー®︎セッションの前後に好きな香りを選んで頂いています。色と香りの相乗効果でお客様に前向きになって頂く力とスッキリ度がアップしたと言って頂けることで自身の遣り甲斐もアップしています。

リンパケアインストラクター / 和田 織絵様

ソウルカラー®︎理論を活かしたリンパケアやマッサージでは、内外から『心と体のバランスを整える』方向へ導いていきやすく、色を意識しながらカウンセリングや施術、指導に活かしています。